茂朱の味

魚粥

茂朱(ムジュ)の味 : 特別な 味 魚粥. 店名:島村(ソムマウル). 位置:茂朱邑 邑内里 1357-1番地. .電話番号:063-322-2799. 料理師:ペク・ミョンニョ

調理方法 昔、川辺で釜を準備して捕まえたばかりの川魚を煮て、遊び疲れた体を休めながら食べた料理です。人々が集まり入り雑じってお粥を食べ、人がたくさん集まってお粥が不足なようであれば水を入れて再び煮込み、情で食べた茂朱の地元料理です。
		きれいな川で捕まえたコウライギギをよく煮込み骨を取ってから、餅米とコチュジャン、ネギ、にんにく、玉ねぎ、ゴマ、高麗人参など、茂朱の山野で取れたヤンニョム(合わせ調味料)を入れて煮込みます。 きれいな水で育ったため生臭くなく、女性や子供たちも好む高タンパク質の保養食です。<br>
		魚粥にすると最もおいしい材料は川で捕れるコウライギギ(韓国語でジャガサリ、茂朱方言でジャガミ)です。

		特徴
		さっぱりとしていて消化がよいです。韓国の先祖たちが川辺で水浴びをしてよく食べたものです。

昔、川辺で釜を準備して捕まえたばかりの川魚を煮て、遊び疲れた体を休めながら食べた料理です。人々が集まり入り雑じってお粥を食べ、人がたくさん集まってお粥が不足なようであれば水を入れて再び煮込み、情で食べた茂朱の地元料理です。
きれいな川で捕まえたコウライギギをよく煮込み骨を取ってから、餅米とコチュジャン、ネギ、にんにく、玉ねぎ、ゴマ、高麗人参など、茂朱の山野で取れたヤンニョム(合わせ調味料)を入れて煮込みます。 きれいな水で育ったため生臭くなく、女性や子供たちも好む高タンパク質の保養食です。
魚粥にすると最もおいしい材料は川で捕れるコウライギギ(韓国語でジャガサリ、茂朱方言でジャガミ)です。
特徴
さっぱりとしていて消化がよいです。韓国の先祖たちが川辺で水浴びをしてよく食べたものです。


[料理名] : 魚粥
[料理材料] : コウライギギ、米、スジェビ(すいとん)、各種野菜

[調理方法]
1. コウライギギを下ごしらえする。
2. 1時間煮込む。
3. コウライギギを煮た汁に米を入れる。
4. 味噌、コチュジャンを入れる。
5. スジェビを入れる。
6. ネギ、にんにく、エゴマの葉を入れる。
[調理時の注意点] : 骨をよく取る。
[飲食店の紹介]
-錦川(クンガン)食堂:063-322-1483, 茂朱郡 茂朱邑 タンチョン路 102
-큰손(クンソン)食堂:063ー322ー3605, 茂朱郡 茂朱邑 邑內里 内島路 119
-ソ厶マウル食堂:063-322─2799, 茂朱郡 茂朱邑 邑內里 内島路  126

(55517) 全羅北道 茂朱郡 茂朱邑 邑内里 朱溪路97
お問い合わせ:82-1899-8687(09:00~18:00) fax/ 82-63-320-2549