レジャースポーツ

登山

徳裕山 登山

頂上ヒャンジョク(香積)峰/ 海抜1614m

<登り方法2つ>
1,茂朱リゾートからゴンドラで簡単に行けるコース(片道約40分)ー 簡単に行ける。
2,茂朱リゾートから無料シャトルバスで10分の所に徳裕山の登山の入り口、そこから登るコース(片道約3時間)
ー渓谷に従ってぺクリョン寺までの6㎞(1時間30分)は、景色も良く道もなだらかぺクリョン寺からヒャンジョク(香積)峰までの2,5㎞(1時間30分)は、上り道 (頂上に待避所があって毎年1月1日には、初日の出を見る人達でにぎわいます。待避所は予約制です。小さな売店もあります。景色を見ながらのコーヒーの味は、疲れを癒します。)

<登山路>
1,徳裕山茂朱リゾート(ソルチョンハウス) → ゴンドラ/15分 → 登山/20分 → 徳裕山の頂上香積(ヒャンジョク)峰 (所要時間/片道 約40分)
2,徳裕山茂朱リゾートからシャトルバスで10分 → サンコン登山口 → 登山1時間30分(6km) → ペクリョン寺 → 登山1時間30分(2,5km)→ 香積(ヒャンジョク)峰 (所要時間/片道 3時間)
3,徳裕山茂朱リゾートからゴンドラと徒歩→香積(ヒャンジョク)峰→ペクリョン寺→サンコン登山口 (所要時間/約3時間40分)
  * 香積(ヒャンジョク)峰→ 登山20分→ チュンボン(中峰)
  <このコースは、おすすめ/イチイの木の枝に感嘆 *春は、ヤブカンゾウがあたり一面 *霧がよくかかる峰で運良ければ、日の光が霧につつまれ幻世界に*この途中にミヌが寝ていた岩がある。>
  *チュンボン(中峰)→ アンソン
  *チュンボン(中峰)→ ヨンカクサ
  *チュンボン(中峰)→ 南徳裕山

<見処>
高山植物の常緑針葉樹チュモク(朱木/水松/赤柏松)

"生きて1000年、死んで1000年"といわれる高山植物の常緑針葉樹チュモク(イチイ:朱木/水松/赤柏松)が、海抜1200m以上に芸術的な姿で群れをなし、登山客に感動を与えています。この木は、香りの木(ヒャンナム)とも呼ばれ、群れをなしているところから香積(ヒャンジョク)峰の名前がつけられたそうです。10月には、濃い緑色の葉に赤い実がとても魅力的です。韓国では、観覧用として人気があります。


自然の宝庫

香積(ヒャンジョク)峰の春は、つつじやヤブカンゾウの花で一面彩られ美しい。 登山途中で出会うのは、りす! 大自然の中で1200種類の動物と900あまりの植物が棲息している。 1930年には、北海道大学の植物研究所があったほどである。


クッチョンドン(九千洞) 33景

クッチョンドン(九千洞) 33景
昔からクッチョンドン(九千洞)の渓谷は、韓国で有名な渓谷の一つである。
新羅と百済の国境だった羅済洞門を1景として、33景の香積(ヒャンジョク)峰に至る36㎞にかけて、変わった形の岩や盤石の上を流れ、曲がりくねりながら滝や沼をつくる渓谷が、四季ごとに色ずく森林とおりなって、その風景は、まさしく絶景です。そして、春には、1景の桜並木道に桜の木がトンネルをなし、その中を車で走る世界は、幻想の世界です。1景から14景は、自家用車でドライブコース、15景からは、登山コース。
* 徳裕山茂朱リゾート/063-322-9000 / http://www.mdysresort.com/
* 徳裕山国立公園管理事務所/063-322-3174 / http://deogyu.knps.or.kr/


ヒヤンロ山

ヒヤンロ山
ヒヤンロボン(峰)(海抜420m)から見た景色 茂朱の市内から簡単に行けるコース。

<登山路>
茂朱高校ー薬水台(ヤクストウ)ー北固寺(プッコサ)ーヒヤンロボン(峰)(海抜420m)展望台1 (片道 約 40分)

赤裳山

韓国白景のひとつで有名な赤裳山は、斜面が断崖絶壁で包まれている。秋の紅葉が赤く染まるとまるで女性のスカートと同じだと名付けられたという。将軍岩、アンリョ厶ダイなどの自然名所を秘め、頂上の盆地には由緒ある文化遺跡が風情をかもし出している


登山路
<登山路>
ソチャン探訪センター→ 将刀岩→ 西門→ アンリョ厶台→ 安国寺→ 展望台 (片道 約2時間30分)

赤裳山赤裳山

(55517) 全羅北道 茂朱郡 茂朱邑 邑内里 朱溪路97
お問い合わせ:82-1899-8687(09:00~18:00) fax/ 82-63-320-2549