茂朱の紹介

位置/地形

融合のまち、茂朱へようこそ! 忠清/全羅/慶尚の3道をつなぐ東西融合のまち、茂朱! 茂朱地域の特性 : 面積(山林)/産業構造(1次産業/2次産業 /3次産業)

茂朱郡は慶尚南北道、全羅北道、忠清南北道の5道6市郡がつながる要衝の地に位置しています。特に1997年12月、国土の南北をつなぐ大田-晋州高速道路が開通、茂朱を通ることで、ソウル、釜山など全国どこへでも2時間台でつなぐアクセスを確保、名実共に内陸交通の要として無限の成長潜在力を有しています。最東北端の小白山脈の峻嶺に位置する茂朱郡は、忠清南北道、慶尚南北道と境界をなしており、国立公園の徳裕山をはじめ四季が美しいことで有名。面積は631.7平方キロメートルで、ソウル市の面積より約27平方キロメートル広いですが、人口は3万1千人のため、とても快適な田園農村地域となっています。予算規模は1,075億ウォン(現在ベース)で、産業構造は1次産業が52%、2次産業が2%、3次産業が46%となっており、山間部という地域の特性上、産業化には失敗しました。地理座標は東経127˚ 55' ~ 127˚ 31'、北緯36˚ 4' ~ 36˚ 47'で、韓国の内陸地方でも最も中心にある山岳地帯です。茂朱の四季は、まるで色々なカラーに衣替えする乙女のよう。

特に1997年12月、国土の南北をつなぐ大田-晋州高速道路が開通、茂朱を通ることで、ソウル、釜山など全国どこへでも2時間台でつなぐアクセスを確保、名実共に内陸交通の要として無限の成長潜在力を有しています。最東北端の小白山脈の峻嶺に位置する茂朱郡は、忠清南北道、慶尚南北道と境界をなしており、国立公園の徳裕山をはじめ四季が美しいことで有名。面積は631.7平方キロメートルで、ソウル市の面積より約27平方キロメートル広いですが、人口は3万1千人のため、とても快適な田園農村地域となっています。予算規模は1,075億ウォン(現在ベース)で、産業構造は1次産業が52%、2次産業が2%、3次産業が46%となっており、山間部という地域の特性上、産業化には失敗しました。地理座標は東経127˚ 55' ~ 127˚ 31'、北緯36˚ 4' ~ 36˚ 47'で、韓国の内陸地方でも最も中心にある山岳地帯です。茂朱の四季は、まるで色々なカラーに衣替えする乙女のよう。

(55517) 全羅北道 茂朱郡 茂朱邑 邑内里 朱溪路97
お問い合わせ:82-1899-8687(09:00~18:00) fax/ 82-63-320-2549