茂朱の紹介

沿革

風光明媚な名勝のまち「茂朱」茂朱郡は、南北に伸びる小白山脈を挟んで、三韓時代は東は弁辰、西は馬韓に属し、三国時代は弁辰の茂豊は新羅に属して巫山県とされ、馬韓の朱溪は百済に属して赤川県とされていたものを、統一新羅時代以降は巫山を茂豊に、赤川を丹川に改称したが、高麗の建国とともに茂豊の地名は残したまま、丹川を朱溪に変えた。 
		その後、朝鮮時代の太宗14年に全国の行政区域を改編する際、旧新羅の茂豊と百済の朱溪を合併、一つの行政区域に編成し、二つの地名の頭文字を取って「茂朱」と改めたものが、今日に至っている。

茂朱郡は、南北に伸びる小白山脈を挟んで、三韓時代は東は弁辰、西は馬韓に属し、三国時代は弁辰の茂豊は新羅に属して巫山県とされ、馬韓の朱溪は百済に属して赤川県とされていたものを、統一新羅時代以降は巫山を茂豊に、赤川を丹川に改称したが、高麗の建国とともに茂豊の地名は残したまま、丹川を朱溪に変えた。 その後、朝鮮時代の太宗14年に全国の行政区域を改編する際、旧新羅の茂豊と百済の朱溪を合併、一つの行政区域に編成し、二つの地名の頭文字を取って「茂朱」と改めたものが、今日に至っている。

三韓時代, 三国時代 , 統一新羅時代, 高麗時代, 朝鮮時代, 旧韓末(現代) 三韓時代
		朱溪は馬韓国、茂豊は弁辰国に属する
		
		三国時代
		新羅助賁王(231年) 新羅の茂豊を巫山と命名 
		百済近肖古王(346年) 百済の朱溪を赤川と命名 
		
		統一新羅時代
		景徳王16年(757年) 巫山県を茂豊県、赤川県を丹川県に改称 

		高麗時代
		太祖23年(940年) 丹川県を朱溪県に改称 
		
		朝鮮時代
		太宗14年(1414年)  茂豊と合併、茂朱県に改称 
		顯宗15年(1674年) 茂朱県が都護府に格上げ、錦山の安城県に編入 
		高宗32年(1895年) 府使制廃止、茂朱郡に改称 
		
		旧韓末(現代)
		1914年 錦山の富南面茂朱に編入

三韓時代
朱溪は馬韓国、茂豊は弁辰国に属する
三国時代
新羅助賁王(231年) 新羅の茂豊を巫山と命名
百済近肖古王(346年) 百済の朱溪を赤川と命名
統一新羅時代
景徳王16年(757年) 巫山県を茂豊県、赤川県を丹川県に改称
高麗時代
太祖23年(940年) 丹川県を朱溪県に改称
朝鮮時代
太宗14年(1414年) 茂豊と合併、茂朱県に改称
顯宗15年(1674年) 茂朱県が都護府に格上げ、錦山の安城県に編入
高宗32年(1895年) 府使制廃止、茂朱郡に改称
旧韓末(現代)
1914年 錦山の富南面茂朱に編入

(55517) 全羅北道 茂朱郡 茂朱邑 邑内里 朱溪路97
お問い合わせ:82-1899-8687(09:00~18:00) fax/ 82-63-320-2549