茂朱の紹介

歴史の中の茂朱

歴史から見た茂朱” 茂朱は、自然と生命、文化と伝統が調和した生態文化都市で、環境にやさしい農業と先進行政、<br>
		茂朱郡は、互いに異る国家に属していた2つの村がひとつの行政区域となった所です。<br>
		三国時代には、百済の赤川(朱渓の昔の名)と新羅の茂山(茂豊の昔の名))が各々他の国家に属していました。そして、赤川と茂山は両国の国境地帯であった関係で熾烈な戦場であったはずですが、一方では人的・物的交流の場となったであろうと推定されます。

茂朱は、自然と生命、文化と伝統が調和した生態文化都市で、環境にやさしい農業と先進行政、
茂朱郡は、互いに異る国家に属していた2つの村がひとつの行政区域となった所です。
三国時代には、百済の赤川(朱渓の昔の名)と新羅の茂山(茂豊の昔の名))が各々他の国家に属していました。そして、赤川と茂山は両国の国境地帯であった関係で熾烈な戦場であったはずですが、一方では人的・物的交流の場となったであろうと推定されます。

この2つの村が最初に同じ国家に属したのは統一新羅時代です。当時も国は同じでしたが各々異る村に属し名前を丹川と茂豊に改名し、高麗時代に再び丹川を朱渓と呼びました。 朝鮮時代の太宗14年(1414)に地方行政区域を8道制に改編する際、茂豊と朱渓を統併合して茂朱県と改称しました。 その後、赤裳山城に史庫が設置されて実録が保管され、茂朱県が茂朱都護府に昇格されて、錦山に属した安城所と九千洞を含む橫川所が編入されて今日の茂朱郡の土台が形成されました。

当時も国は同じでしたが各々異る村に属し名前を丹川と茂豊に改名し、高麗時代に再び丹川を朱渓と呼びました。 朝鮮時代の太宗14年(1414)に地方行政区域を8道制に改編する際、茂豊と朱渓を統併合して茂朱県と改称しました。 その後、赤裳山城に史庫が設置されて実録が保管され、茂朱県が茂朱都護府に昇格されて、錦山に属した安城所と九千洞を含む橫川所が編入されて今日の茂朱郡の土台が形成されました。

(55517) 全羅北道 茂朱郡 茂朱邑 邑内里 朱溪路97
お問い合わせ:82-1899-8687(09:00~18:00) fax/ 82-63-320-2549